ユーザータグ : ALcotハニカムの記事 (1/1)

サツコイ~悠久なる恋の歌~

――貴方は愛のために死ねますか?

□発売元ALcotハニカム
□ジャンル捕食する者と捕食される者の恋愛AVG
□対象年齢18歳以上
□発売日2014年7月25日
ゲーム公式サイトはこちら
■ストーリー■
ある雪の夜。
主人公・加納イズミは とある事情により家を追われ、駅前で死にかけていた。
飢えで身体は動かず、寒さで感覚は消え、今にも意識を失いそう。
心は絶望を通り越し、無感情になっていた。
そこへ、一人の少女―― 不登校気味のクラスメイト・白羽瀬悠 (しらはせ ゆう) が現れる。
彼女はまるで、捨て猫を拾うように彼を拾い、一人暮らしのアパートに連れて行く。
「加納くん、あなたは私のエサだから、太らせてから食べてあげるね」
そんな言葉を、薄い笑みとともに吐く悠。
(――こいつ、絶対マトモじゃない)
そう思いつつも、他に行き場のないイズミはしばらく、悠のアパートに留まることになる。
だが、やがてイズミは知ることになる。
悠は人を食らい、悠久の時を生きる 人魚 の末裔であることを。

■スタッフ■
□原画風見春樹/あおなまさお
□シナリオ瀬尾順
■キャスト■
□白羽瀬悠CV:くすはらゆい
□新田瑠璃CV:有栖川みや美
□川嶋直CV:市川ひなこ



スポンサーサイト

赤さんと吸血鬼


子育てしながら、ヒロインと愛を育むラブコメAVG

□発売元ALcotハニカム
□ジャンルある朝、赤さんが落ちていたAVG
□対象年齢18歳以上
□発売日2013年11月29日
ゲーム公式サイトはこちら

■ストーリー■
主人公、西東 悠はいくらかはずれた季節に学園へと現れた転校生。
どこでもやたらと眠るクセを除けば、ごくごく一般的と云えなくもないかもしれない感じの平均風な人類。

とは云え月日は百代の過客にして新味にも限界があり。
転校よりすでに半月が経過し、そろそろ当人も周囲もがその存在に慣れてきた頃。

その間、周囲にできた友人は3名。

黙ってただ在ればそれなりにハンサム、それなりに成績優秀、それなりに健康優良児。
ひとりめ。
クラスメート、生嶋 秋月[いくしま しゅうげつ]。
しかしその口が閉じることはあまり無く、結果的に残念な男子。

ふたりめ。
秋月の幼なじみでもある、小林 神威[こばやし かむい]。
その妙にハンサムな名前も相まって、黙っていればクールビューティ。
しかしその実、かわいいモノに滅法弱かったり妄想が暴走気味だったりする残念少女。

さんにんめ。
漆黒の長い髪を持つどこか和風の美少女、六覚院 このは[ろっかくいん このは]。
成績優秀気立て良し。
立てば芍薬座れば牡丹、歩く姿は生徒会長。
が、しかし極度のあがり症が災いし、重要な場面では高確率でヘタれる残念学園総代。

四人が親しくなったきっかけは、学園の敷地内に併設されている寄宿舎。
時代の波と少子化問題的なものにのまれ、閉鎖が決定しているその寄宿舎の、彼らは最後のメンバー。

階が隔てられているとはいえ、学校が終わればひとつ屋根の下。
そこに加わり、ほどほどに青春な日々を過ごしていたところへ現れた、新たなる転校&入寮生。

その名は──
海の向こうよりやってきた金髪の少女、アレクサンドラ・アン=クリスティン・アクセリナ。
そしてその従者、メイドのインゴット。
日本へは気象学を学びに来たというアクセリナ、彼女にはある秘密があった。

そしてさらにある日、事件が。

赤ちゃんが──寮の前に、捨てられていたのである。

■スタッフ■
□原画桑島黎音
□シナリオ大槻涼樹
■キャスト■
□赤さんCV:結衣菜
□アレクサンドラ・アン=クリスティン・アクセリナCV:藤森ゆき奈
□インゴットCV:御苑生メイ
□六覚院このはCV:綾部結花
□小林神威CV:秋野花
□琴乃奈柄CV:鈴音華月




「Dang!Dang!団地妻-わたしだけの旦那さま♡-」#アダルトゲーム


日本の団地には
少女の夢とエロスが詰まっている!?

□発売元ALcotハニカム
□ジャンル主人公争奪ハートフル団地妻ADV
□対象年齢18歳以上
□発売日2013年4月26日

ゲーム公式サイトはこちら

■ストーリー■
両親と遺産として残したマンション群
いわゆる「団地」のオーナーとして、
学生ながら管理人的役割を果たして
生計立てている主人公・隼人は、
ある日、住人の募集をかけることに。
「わたしね、団地妻になるのが将来の夢なの」
そんな淡い初恋相手の言葉を思い出し、
冗談任せにパンフレット応募欄にこう書いた。
「団地妻募集中。
お相手はマンション管理人・藤堂 隼人」
結局、入居者の集まりも今ひとつで
もう一度広告を出そうかとした矢先、
突然、電話が鳴った。
入居希望者が現れたことに喜ぶ主人公だが、
続く言葉に主人公は言葉を失う。
「これで、わたしも念願の団地妻ですね」
その入居者とは、
なんと別れて10年が経つ
あの初恋の少女だったのだ…!
[ 続きを読む » ]

相互リンク

リンク